インプラント  >

インプラント



ご自身の歯と同じようにしっかりと噛めます。

インプラントとは、金属製ボルトをアゴの骨に埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療方法ですが、入れ歯(義歯)や歯がない箇所の両側の歯を削ってその上から人工の歯をかぶせるブリッジなどと違い周りの歯に負担を掛けずに治療できます。

噛み心地も違和感なくご自身の歯と同じように使用ができますので、近年多くの患者様がご利用をされていますが、高度な施術技術が必要な治療で、行う医院や医師によっては施術結果も施術後の経過も大きく異なる場合があります。

当院には日本インプラント学会の専門医が在籍しております。
経験豊富な医師が施術前に患部の入念な検査をいたしまして、患者様に合った施術プログラムを考え、インプラント手術を行いますので、安心してご相談ください。

当院はノーベルクリニシャン(インプラント治療計画用のソフト)を導入しております。

ノーベルクリニシャン
CT撮影したデータを3次元的にコンピュータ上に表示し、解剖学的に綿密な治療計画を立て、より良い位置にインプラントの埋入位置を決める事ができますので、精度の高い審美性に優れた治療を実現し、医療ミスの危険性を減らすことができます。

3D化した口腔内を患者様と確認しながら、治療計画の説明や決定ができますので、施術内容を患者様にもより詳しく把握していただく事が可能です。

信頼性の高いインプラントシステムを採用

インプラントシステムで世界No1シェアを持つノーベルバイオケア社のノーベルアクティブ・ノーベルテーパード CCを当院では使用しております。

ノーベルバイオケア社のインプラントシステムは臨床実績が多数ありますので、安定性が高く審美性に優れ、信頼性の非常に高いインプラントシステムになります。(10年保証が付きます。)インプラントシステム

インプラントの流れ

@検査・治療計画書の作成

抜歯後のインプラント施術箇所のレントゲン写真をお撮りして、骨の状態などを調べ患者様に応じて治療計画を立てていきます。

B2度目の手術

治療計画を基にインプラントの土台を顎の骨に埋め込みます。


B2度目の手術

1度目の手術からある程度の安静期間を空けてから、人工歯を取り付けるために必要な「アバットメント」を装着します。
C人工歯の装着

患者様の歯に合わせた人工歯を作成し、アバットメントの上から被せ固定します。

インプラントも他の健康な歯と同様にケアを行っていくことが大切です。

定期的な検診をおこなって、インプラントや周りの歯の状態や
噛み合わせなどの確認をすることをお勧めいたします。

インプラントと他の治療方法との違い

インプラントは他の治療方法に比べて多くのメリットがあります。

ブリッジとの違い

ブリッジは患部の両側の歯も削る必要がありますが、インプラントは患部にボルトを埋め込み、人工の歯を付けますので、両隣りの歯を削る必要がありません。

周りの歯に負担を掛けずに治療が可能です。

部分入れ歯(義歯)との違い

部分入れ歯の場合、固定器具の違和感や入歯を支えている歯へ負担がかかりますが、インプラントですと固定器具が外に出ませんので、違和感を感じることがありません。

総入れ歯(義歯)との違い

通常の総入れ歯の場合、口の中で入れ歯動いて「噛みづらい」「話しづらい」などを感じる事がありますが、インプラントで固定をすると、しっかりと固定されますので、安心して食事や会話を楽しむことが可能です。

Copyright (c) 2016 Cre Vie. All Rights Reserved. CreVieとロゴは医療法人CreVie(クレヴィ)の登録商標です。